" />


演劇 競馬で勝てない方限定〜儲かっている方には不要です〜

2014年10月31日

アルテミスS(東京)、スワンS(京都)

秋のG1真っ只中の今週は天皇賞秋。
まずは土曜日に資金稼ぎといきたい。


アルテミスS シャルール
この時期の2歳戦なので不確定要素が多く難解ではあるが、初戦の勝ちっぷりが良かったシャルールをねらってみたい。札幌ということもあるが時計は目立たないものの6馬身差はなかなか見られるものではない。中団から押し上げてのものだけになおさらだ。
過去2年は暮のG1で活躍した馬がいなかったが、今年は粒揃いでひょっとしたら勝ち馬が出るかもしれない。


スワンS サンライズメジャー
休み明けの前走は、今一歩及ばず3着も0.1差なら許容範囲。叩き2走目で本領発揮を期待したい。オープン勝ち1つのみとココでは格下の位置づけにはなるが、休み明けの実績馬が先を見据えた仕上げなので相殺できると見る。


posted by ZEBRA at 23:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

菊花賞

牡馬クラシック最後のレースだが、イスラボニータが天皇賞へ回るためワンアンドオンリー断然ムード・・・


東京11R ランウェイワルツ
オープンでは伏竜S勝ちだけで重賞実績はないが、前走で古馬との力差は無いことを示した。個人的にお世話になった馬なので思い入れも込みで追いかけたい。

菊花賞 トゥザワールド
もどかしいレースが多い印象も言いかえれば常に上位争いしている。前走はイスラボニータに完敗もここにはおらず、チャンスはある。有力馬のなかでは前で競馬できるのも強み。
posted by ZEBRA at 22:53 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

秋華賞

秋華賞 ショウナンパンドラ

3歳牝馬最後の一冠。桜花賞、オークスと広いコースだったが、今度は内回りの器用さを求められるコース形態に替わる。断然のハープスターが不在なため世代2番手のヌーボォレコルトが1本被りの人気。レースセンスの良さが最大の武器で、小回りも苦にしないだろうし好枠を引いた。
しかし、少々人気しすぎの感もある。徹底マークは避けられないだろうから楽には勝てないだろう。
そこで、春はクラシックに乗り損ねたが実力はあるショウナンパンドラをねらいたい。春は体質が弱く無理使いが祟った感じもあり、今回は狙い通りのスケジュールで駒をすすめてきたのが◎
重賞勝ちもないので実績では見劣るが、エルフィンS、フラワーC、スイートピーSで1人気に支持されたあたり実力を秘めていると考えられる。
posted by ZEBRA at 00:24 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。