" />


演劇 競馬で勝てない方限定〜儲かっている方には不要です〜

2014年12月19日

中山大障害、愛知杯

今年も残り10日余り、競馬も今週と来週で終わりと時間の経過の早さにただ驚くばかり。
今週は朝日杯FSと中山大障害のG1が2鞍行われます。
障害戦は興味を持たない人も多いかと思いますが、4月と12月の大障害レースはぜひ見てください。


中山大障害 オースミムーン
個人的に障害レースは好きで特に中山の大障害はコースの過酷さから馬の底力と騎手の技術に感心させられる。
そのコース設定から競走中止も多く、馬券を買う側からすれば敬遠してしまうのは自然でしょう。
狙うのはオースミムーン。昨年夏から秋にかけて3連勝して力は十分。春の大障害は6着と負けたが、経験した上積みを加味して勝ち負けとみる。


愛知杯 ディアデラマドレ
格上挑戦ながら1人気に支持され勝ったマーメイドS、府中牝馬Sを買って臨んだエリザベス女王杯でも3着と牝馬限定ならG1級の力があることは間違いない。ハンデ戦のため56キロ(牡馬なら58キロ相当)はキツイが実績から仕方なしか。同じトップハンデのキャトルフィーユ、フーラブライドとの比較では同馬が有利に映る。軽ハンデ馬に足元をすくわれる可能性はあるものの、順当に勝ち負け。


posted by ZEBRA at 23:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

阪神JF、カペラS

強い寒気で競馬場に行く気が萎えてしまう。温かい部屋でテレビ観戦が至福の時間。
明日は衆議院選挙。国の未来、方針を決める大切な選挙なので、勝ち馬投票の前に必ず選挙の投票に行きましょう。


阪神JF レッツゴードンキ
“大混戦”という言葉がぴったりのレース。2歳ということもあり経験が浅く能力比較の材料に乏しい。さらに、重賞レースの勝馬がすべて違うという予想泣かせ。
素直に観戦を決め込むのが吉な典型パターンではあるが、あえて高配狙いでいきたい。中心はレッツゴードンキ。1人気の前走は出遅れて、終わったかと思ったところハナ差まで差し込み力を見せた。同じ芸当ができるかは疑問なのでゲートが課題になるが、スムーズなら勝ち負け候補とみる。相手は手広く軽めに買ってみたい。


カペラS ダッシャーワン
快速馬が揃ったので狙いは差し馬。なかでも安定したレース内容の同馬を狙う。前走の負けが響いているのか成績に反して意外に人気がないエーシンゴージャスやタールタンは押さえておきたい。
posted by ZEBRA at 23:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

チャレンジカップ

今夜から明日、明後日にかけて大雪が警戒されている。
その影響か、前日発売は中止されている(システム障害ということにはなっている)。
出走取り消しが出る可能性もあり、明朝の発表を待ちたい。


チャレンジカップ エイシンヒカリ
旧朝日チャレンジCがレース名変更となった。その第一回目は、頭数は落ち着いたが素質馬が揃った一戦。
来年の飛躍が期待されるエイシンヒカリに期待する。5戦5勝で楽勝続き、前走は直線外ラチまで大きくヨレながらも3馬身半差とハチャメチャな部分もあるが底しれない魅力に溢れる。ここも軽く突破すれば来年が楽しみになる。
posted by ZEBRA at 23:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。