" />


演劇 競馬で勝てない方限定〜儲かっている方には不要です〜

2015年10月31日

天皇賞(秋)

秋の古馬3冠の一戦目、天皇賞(秋)。
今年はチャンスの有る馬が多く混戦模様。仮に何度かレースをしても展開次第で勝ち馬がコロコロ変わりそうなメンバー。

天皇賞(秋) ラブリーデイ
今年は宝塚記念を含む、重賞5勝と本格化なったと見れる。もう一つ勝てば堂々の年度代表馬候補だ。
負けたのは阪神大賞典と天皇賞(春)のみと長距離に限定されていることからもココでは大威張りの成績。
明らかな叩き台で距離不安もあった前走を快勝したことから今の充実ぶりが窺える。


posted by ZEBRA at 23:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

スワンS、アルテミスS

日曜は天皇賞秋、土曜は京都でマイルCSの前哨戦スワンSと2歳牝馬重賞のアルテミスSが行われる。
どちらも今後のG1レースを検討するうえで大事なレースとなりそう。


スワンS フィエロ
詰めが甘い印象で勝ち切らないが優勝争いには入って来る。今回はあきらかに叩き台でもあり、”詰めの甘さ”は心配のタネではあるものの力は上位。G1を勝つにはここで勝ち負けできないことには話にならないだろう。


アルテミスS メジャーエンブレム
前走は500万とはいえ牡馬混合戦で快勝。レース内容からも牝馬限定なら重賞でも主役扱いできる。このレースの結果次第では暮のG1の有力候補となりそう。
posted by ZEBRA at 23:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

菊花賞

秋のG1戦線も3戦目、牡馬クラシック最後の1冠である菊花賞。
今の時代の流れに逆らうような長距離レースでもあり、距離経験が基本的に無く”モノサシ”がないのは毎年悩むところ。
能力(実績)、スタミナと折り合い(気性)が判断材料となりそう。


菊花賞 リアルスティール
春のクラシックでも主役を担った同馬。結果は出なかったが能力は疑う余地がない。
メンバー随一の実績を持ちながら、現時点で2人気(4.4)に甘んじているは折り合い面に課題があるとみてるファンが多いということでしょう。
その辺りは陣営も承知していることなので、最後の一冠に向けての対策は施してくるハズ。G1を勝てる力の持ち主なので、期待をこめて本命に推す。
posted by ZEBRA at 09:55 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。