" />


演劇 競馬で勝てない方限定〜儲かっている方には不要です〜

2016年01月30日

根岸S、シルクロードS

今週から開催替わりで、関東は東京が開幕。
東京は開幕から雪の影響かと、心配したが無事開催して一安心。
2月開催らしいといえば、らしいが関係者への影響は少なくない。もちろん馬券もそうだ。

根岸S モーニン
無敗で臨んだ武蔵野Sは惜しくも3着に敗れた。さすがにG1級のメンバー相手では条件戦とはワケが違うということかもしれないが、今回はその武蔵野Sで先着されたタガノトネールくらいしか強敵がいない。また、フェブラリーS出走には賞金的に、勝って優先出走権を得ない限り不可能な状況。

シルクロードS ダンスディレクター
高松宮記念へ向け頭角を表しはじめた馬達が揃った。なかでも同馬は昨夏のCBC賞、暮れの阪神Cをともに2着している実力馬。重賞制覇のチャンスと見る。
おそらく人気を被るであろうビッグアーサーだが、勝ち切れない近走に少し不満があり少し評価をさげたい。


posted by ZEBRA at 23:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

アメリカジョッキークラブC、東海S

今週で競馬の初開催が終了して来週からは次の開催へと移る。早いものだとつくづく思う。
雪の影響が心配になる寒さ、1,2月の開催は毎年そうなのですが、今年はずっと温かかったので大丈夫だろうと決め込んでいたが、やはり来るもの(寒波)は来ますね。


アメリカジョッキークラブC サトノラーゼン
先週の日経新春杯同様、一戦級は休養に入っているため今後の飛躍が期待される馬達の登竜門的な位置付か。
昨年のダービー2着の後、セントライト記念7着、菊花賞5着とひと押しが欲しい戦績だったが、立て直して今年の飛躍を期待したい。


東海S ロワジャルダン
昨秋みやこSを勝って、チャンピオンズC4着と力をつけてきている。
その前走と同じ舞台で相手は格段に軽くなるココは、フェブラリーSへ向け好発進を決めたいところだろう。
posted by ZEBRA at 23:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

京成杯、日経新春杯

暖かな日々が続いた年末年始から一転、真冬がやってきた今週。
時期的にこのくらいの寒さは不思議ではないが、いままでが暖かだったので堪える寒さ。


京成杯 マイネルラフレシア
抜けた馬がいない混戦のメンバー。新馬、オープン特別を連勝し、東スポ杯を3着している同馬に期待したい。クラシック参戦を考えると賞金加算しておくほうが安心なので陣営としても”今のうちに”といったところだろう。前で競馬できるので中山コースもプラスになりそう。


日経新春杯 シュヴァルグラン
この時期G1を狙う馬は休養していることが多く、例年メンバーは揃わずG2とはいえ低調なメンバーになりがち。今年は重賞の常連が揃ったものの勝ち負けしてきた馬は少なく、やはりG2の割には・・・といったところ。それならば連勝中のシュヴァルグランに期待する。距離を延ばしてで開眼した感もあり順調なら春の天皇賞に名乗りを挙げるかも。
posted by ZEBRA at 23:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。